有元 利夫 - 女神たち

 
f0097086_143726.jpg



  『有元 利夫 - 女神たち』展を見てきました。

  三十才になってから本格的に画家として活動を始め
  多くの賞賛を得つつも 三八才で亡くなった方だそうです。

  そんなに大きな会場ではないのですが 充実した展示数でした。。。
  濃密な、でも穏やかな空気と 音楽が漂っていました。

  作品の中だけでなく、実際に会場にはバロックのような音色が微かに流れていて

  奥に進むと 照明を落としたアルコーヴに 『ロンド』 という作品がかけられ
  有元氏自身の作曲による同名の楽曲が流れていました。

  短い曲なのですが、ハープの音色が美しく 穏やかで

  作品とともに 何か。。。乳白色をした 豊かなものが 自分の中にしみ込んでいくような
  ゆっくりと注ぎ与えられているような そんな印象をもちました。
  

  作品の横には、彼の本『有元 利夫 女神たち』から抜粋された文章が添えられていて
  平易な言葉と表現から 彼がどんなことを考えながら描いていたのか、
  画中の謎とともに 彼の人柄が垣間見えます。



f0097086_1595656.jpg


 
  音楽、それもバロック時代の音楽が持っている、豊かな感性というようなものを

      絵画において表してみたい、画面に音楽が漂っているような・・・




  “花びらが降る、というと人によってさまざまなことを連想するでしょうが

      僕の絵の場合の降る花 舞う花びらは、まさにエクスタシーそのものです。

        花は、洋の東西を問わず おめでたい歓喜の時に降ってくるものなのです

 


f0097086_151668.jpg




  “要するに、気持ちというか最高の絶対的快感。 至福感。

       それを説明しようとしても分析しようとしても 無理な話です。

       だから説明するのはあきらめて、相変わらず 臆面もなく

         僕はキャンバスの中の『天』に僕の分身たちをふわっと昇らせるのです

  


   館をあとにして岐路につくときには とても穏やかな気持ちになっていました^^

    とても気に入ってしまったので、音楽も持ち帰ることにしました


f0097086_15224141.jpg




  同じ会場で、リコーダー ヴィオラダガンバ チェンバロによる三重奏のコンサートもあるようです

   人が多かったらいやだけど 人並みのうしろから、ひっそりと聞いてみようかしら。
[PR]
by rywco | 2006-10-07 15:27 | おでかけ
<< 霧の朝 湖 華 >>